ペットボトルで水ロケット作ったよ!
「子ども宇宙探検隊」 活動報告  第1弾  5月27日(日)  13:00〜16:00
ふわじいさんこと、不破さんより開会の挨拶です。
準備万端!発射台もそろえました。
たきもとリーダーより宇宙の誕生の話。   宮本リーダーより宇宙開発の話をききました。
みなさん、熱心に聞いてます!
材料確認! さっそく工作開始です。 手順にそって作っていきます。  分からない人聞いてね・・・
だんだんと、形になってきました・・・
できたロケットを持って外に移動です。 
1台あたり水を50cc入れてみます。 ロケット発射の燃料です。
ロケットを発射台にセットし、空気をイッパイ入れます。   3・2・1・0!!カウントに合わせて一斉にGO!・・・ そろえて発射って案外むずかしいようです。
こちらも頑張って空気を入れてます!
けっこう飛びました!30・40・60・・・・・最高91m!!
1回目よりも2回目・・・ドンドンうまくなりましたね!
          飛ばす時は、前に人がいないか確認してからです。
最後にメンバーの水野さんが望遠鏡で、太陽の黒点をみんなに見せてくれました。

   覗いても危なくないフィルターをかけての観察です。 なにもしてない望遠鏡や双眼鏡など、太陽は、絶対に見ないでくださいね。
次回に向けてミニミーティング。 スタッフのみなさんご苦労さまでした。  
※ 後援:亀山市教育委員会  

   この催しは、JAXA宇宙教育センターSEL実践活動助成事業であり、 いきいきキッズ応援団、おもちゃの病院、坂下星見の会、
           「青少年のための科学の祭典」実行委員会亀山大会、みえ星空環境案内人の各団体によりなりたっています。