2009年5月2日(土)  17:30〜21:00

延べ参加人数 : 約200人

春の星空観察会  報告

好天に恵まれてのスタート・・・

  開始時刻前から、参加者が何名か来場。

準備できた望遠鏡から、天体を見てもらいました。

本日の見どころは、15年ぶりに細くなった土星の環、

そして、上弦の月の表面(クレーター)などです。

色んな感想を言ってもらってました☆

一方、馬子唄会館内では、今日の星空の解説をプロジェクターで

行いました。みなさんとても熱心に聴いてもらってました。


本日の望遠鏡6台(内1台、特大双眼鏡)は、時間内フルに活用でした(^^)

初めて、望遠鏡を覗いたという方もいらっしゃれば、遠方から天文のスペシャリストのような方も・・・

その専門家さんには、空いている望遠鏡で、解説をしていただきました。

人手不足だったので、とても助かりました!ありがとうございました(^^)

≪そういえば?の小箱≫

・・・観察会に参加していたある人から
「何で土星とかは、図鑑などで見ると横位置に載ってるんですかぁ?」
と質問がありました。

・・・見て安定がいいので、横位置が多いのではないでしょうかねぇ・・・
と何気なく話をしていたのですが・・・

見ようと思えば、今の望遠鏡で縦位置でも見えますので・・・
・・・取り付けてあったプリズムを90度回転し、
見かけ上縦位置にしてみました・・・まぁ、色々試して観察をしました。

天体写真などは、上を北に合わせるなど聞いたことがあるのですが、
そういったかげんでしょうか・・・


・・・学術的なことがあるのかもしれませんが、
もし、詳細をご存知の方あったら教えて下さい。掲示板がありますので・・・

もっと勉強しないといけませんね(^^;

掲示板